葬儀 タイトル画像

臨終されてから、葬儀の準備が始まります。

何らかの理由で亡くなられた方が出てきてしまった場合、その場合は、事前に死の宣告などを受けていた場合を除いて、急逝されてしまった場合などは、その時点から葬儀の準備を始めることになります。
(医者から死の宣告を受けていた場合などは葬儀の準備〜亡くなる前からできることを参照。)

まず、あなたの大切な方が亡くなられた場合、その事を「臨終といいます。」(よくご臨終ですとか言っている言葉の通りです。)
臨終後にはその遺体(亡骸)に対して、腐敗や感染症などを防ぎ、その遺体を長く保存できるような特別な処置を施します。(これを衛生処置といいます。)

この衛生処置を行ってもらい、病院側から死亡診断書を受け取ったら、葬儀を行う業者・または、自分自身などでも良いので、自宅にその遺体を運びます。

そして、その前後に葬儀を行う業者などを読んで、実際の葬儀の日程や、葬儀の準備などの打ち合わせなどを行います。
新聞などにも、その葬儀を行うにあたっての死亡広告などを載せないといけないということもありますし、喪主などの選定も行わなければなりません。

葬儀の日時を決めて、その葬儀を行うまでの間には、時間が無い中で、もちろん葬儀を行う業者などとの連携も重要となりますが、一番重要な要素となってくるのは、親族が一丸となって、その葬儀を行う家族のサポートをしていかなければならないということです。

実際、私も葬儀を手伝った経験があるのですが、その労力というものは、ものすごく膨大なものになります。一日中各方面との協力を得ながら、せわしく動いていると、一日中休む暇もないので、ものすごく疲れます。

ですが、その苦労も、全ては葬儀を成功させて、そのなくなった方を無事にあの世へ送り出すためですので、頑張って手伝ったということもあります。

話を戻しますが、その葬儀を行う際には、その亡くなった方の人徳なのか、大勢の弔問客の方々が訪れます。
その弔問客としてやってきてくれ、手を合わせてくれた方々に感謝の気持ちを込めつつ、香典をいただいたお返しとして、香典返しと呼ばれる品を手渡してあげましょう。

ここを押すとページ上部へ移動します。